夢ラン~笑顔×世界翔ける自転車~

これは20歳大学生が笑顔とともに世界一周する物語です

Day98 お水注意報

6/9
 
 
北に進むにつれフリーキャンプ場が増えてきた。何も気にせず宿泊できるのでつい出発が遅くなってしまう。
 
遅くなったことにも理由があって、そう。やらかしてしまったのだ。
前のロックハンプトンの街から目指しているマッカイの街までは約330km
 
 
その間にスーパーがひとつもないのだ!
この期間を過ごせるだけの食料を積み忘れてしまった。
 
 
仕方が無いのでコンビニで賄う…
 
 
と言いたいところだが、パンが一斤500円するのだ。
そんなもの買えかっ!!
 
 
この国のガソリンスタンドには必ずコンビニがついている。
そしてこのコンビニは多く買えばやすくなるという制度。この制度はまるで自転車には不向き。
 
しかし、2Lの牛乳1本が$5.25なのに、2本買うと$5.99なのだ。
 
何故そこまで違う!??
4リットルも飲みきれないし…そのあいだに腐っちゃう…
 
 
 
悩んだ末に買ったのは常温保存のできる牛乳1リットルと果物
果物はそんなに高くない
 
 
 

昨日ツアーで一緒だったアーサーくん一家。
 
お父さんが気づいてくれた。
ブーメラン。かったんだね。
 
楽しそうだった。
お話してたら9時半になってしまった。130km進む予定だったが、最近脚も慣れてきたし、全く焦っていなかった。
 
 
 
こういう生半可な過信がのちのち痛い目を見るんだよね
 
 
 
 
 
何がまずやばかったって
 
 
 
水がクソまずい…!!!
 
 
 
 
 
この国には飲料水と飲めない水が区別されているのだが、大抵の飲めない水は雨水。味も全然問題ないしお腹壊したこともない。
(というかチャリダーはみんな飲んでる)
 
ので今日も気にせずトイレから組んできたのだが、今日のはまずすぎた。
 
お腹こそ壊さなかったものの、水が甘い。
 
 
sweetなんじゃなくて、薬品の甘さ。
 
大抵のものは問題なく食べる僕でも、薬品の味だけは勘弁。
 
出発してから気づいたが、見てみると飲料水を手に入れられる場所なんてこんばんの宿泊所まで行かないと無い。
 
進むしかないのだ、
 
 
 
しかも生憎の快晴!
 
 
北に来るにつれて暑くなる気温。
この日ばかりは恨んだ。
 

30km一回のペースで休みながら70km2回目の休憩で昼ごはん
 
 
 
 
ここの水もトライしたが、薬品の味がする…
なぜだろう。ここまでだいたい飲めたのに…
 
 
そしてここで、水が足りていなくて疲れていたせいもあるのだろう
 
 
寝てしまった…

↑寝起きw
 
タイムロス1時間半。
 
 
 
2:30.急いで出発したが、この一時間半の重さを知った
 
ここから上り基調の向かい風だった

水分不足にはしんどい。30km/h弱くらいで走れれば日暮れまでにつくのに、20km/h弱しか出せない。
 
これには焦りも出てくる。
 
ノンストップで漕ぎ続けてのこり20km.

派手なバイクのおっちゃんと併走した(車はほとんど来ない)
 
名前はアリー
オーストラリアを一周している。さっそうと通り過ぎていく姿に、羨ましさを感じないほど疲れていた。
 
暗くなる中を進む
 
 
山の峰がうっすら赤くなる頃なんとか到着。
 
 
 
芝で横になっていたら管理人さんがきた。
 
実に約1ヵ月ぶりのキャンプ場だ
 
 
五日ぶりのシャワーがなんと硫黄の香りがする!
 
温泉を思い出すようで最高にリラックス出来た。
先日送れなかったビールを自分で冷やして飲んだ。
 
冷蔵庫がないからなまぬるかったが、疲れた体にはくうぅぅぅぅ!!!!
 
というかんじ。まぁ最高だった。
 
 
食料が底をつきそうだ。休養したいが明日なんとしてもまっかいにつかなければいけない
 
 
走行距離130km