夢ラン~笑顔×世界翔ける自転車~

これは20歳大学生が笑顔とともに世界一周する物語です

Day56 寂しさを乗り越えて

 
4/28
 
二日間ともに行動してきたGavin Amandaはここにもう一泊する予定。お別れの朝がやってきた。
 

 
あまりに"アレ"に似ているので手つきを教えてやってもらった

オーストラリアン忍者の誕生だ!!
 
色もバッチリ!下手なコスプレよりもずっと似ている。サングラスもかけると言われたが、それは怪しすぎる笑
 
ならこれでどうだっ!

んんんスパイダーマン??
この忍者はまっすぐ歩くことすら出来なさそうだ
 
…とまぁこんな感じに朝から楽しく遊んでいた。
お茶を頂きながら話して、僕だけは片付け。
 
これからもずっと一緒にツーリングしていける気がして、お別れする実感がわかなかった。
 

共に過ごした三日間。フィリップアイランドで偶然であった2日。共に過ごした日々は僕の宝物だ。
 
彼らの住むブリスベンの街。一ヶ月以内に僕も行く。おばの誕生日パーティのため、彼らはシドニーに着いたら電車で帰るという。
 
再会出来ることを祈り、こう言うんだ
 
See you later!
 
 
また一人旅が始まる
 
寂しさを紛らわすため aviciiをひたすら聞きながら
 
 
 
今日は山場。80km1200up 大きな山を超えなければならない。それなのに昨日のパブでビールビールワインの3コンボで夜中沢山トイレに行った。
 
つまり寝不足
 
不安は募るが、行くしかない
 

"よく来たな!我が森にようこそ!"
 
と、言わんばかりに動かず、こちらを見てくるワラビー。
ごめんね。お邪魔します
 
 
ハイウェイと合流すると登坂が始まった
車通りも少ないので英語の勉強をしながら。
 
一人で
"私には一人の弟と二人の姉がいます!"
とか、叫びながら登るサイクリスト。
 
怪しいヤツにしか見えない
 
 
ずっと叫んでいたら何故かあっさりついた。
80km1200up たった5hで。まだ14:30
 
この先しばらく宿泊地もないのでもう宿泊を決める。
焚き火の煙に当たりながらのんびりとした時間を過ごした。
 
 
 
体を拭くお湯を沸かしていたらガスが終わってしまった。この先アウトドアショップもない。
 
食べ物はラーメンとパスタ。パンはどこかに落としてしまった。※ペリカンに食べられたことを祈る
 
さて、明日から食料どうしよっかな…
 
 
走行距離79km