夢ラン~笑顔×世界翔ける自転車~

これは20歳大学生が笑顔とともに世界一周する物語です

Day73 笑顔完全復活

5/15
 
シドニーで購入したmontbellのジオライン
1つは盗まれたものと同様によき着心地だったのでふすが、もうひとつが妙にタイト。
 
タグを見てみるとなんとレディースのmだった。
袋はご覧の通りどちらもメンズのs

 
これが海外の杜撰さだろうか。
それにしても、メンズのsとレディースのmは違いすぎないだろうか。
もしサイズが近いから入れたのだとしたら悪いが絶対に許せない。
 
もちろん、シドニーのmontbellにはクレームを出しました。
一着¥4000越えだぞ…
 
やはりモンベルは日本が一番。チャレンジ支援のこばたくです
 
 
 
 
今日は快晴!今日こそ進める!間違いない!
 
ちなみに今日は昨日お世話になったJohnのお誕生日であった。
折り紙のバラをプレゼントするととても嬉しそうだった。
 
お世話になりました。
 
 
 
 
10km戻ってネルソンベイの港へ
 
今日はフェリーがある!
…が、午前中の便は欠航。
 
予定は120km
日暮れは5時。
 
この超重量パッキングでは午後のみで120kmは間に合わない。
 
 
 
ヨットに乗りたい欲がどうしても強くて、ジェイスに頼んでみた。
しかし、ティーガーデンは入江の先。
 
経由すると随分な時間がかかるのだ。
 
フェリーに乗ることにする。残念!(><。)
 
 
 
ジェイスと、愛犬shadowと別れを告げる

めっちゃ可愛かった!
ジェイスありがとう!お世話になりました。
 
いつかまた再会したい
そう強く思った
 
 
 
フェリーのお客さんは沢山いた。

 
港で日本語で話しかけられた時には驚いた

まみさん夫妻はメルボルン在住。
 
夫のjailさんの両親と昔住んでいたティーガーデンを観光するんだって。
仕事を一週間休みをとって、僕よりも1日早い土曜日にネルソンベイにやってきた。
 
まみさんはどんな大切な日でも雨を降らせるほどの雨女なんだって。
 
身をもって納得しました笑
 
 
 
フェリーに乗っていたおじちゃん含め、皆さんに荷物搬出を手伝っていただきました。みんな優しい!
 
最後まで心配してくださっていた皆さんありがとうございました!
楽しんでください^^*

 
 
 
今日はブルーイースビーチのキャンプ場に泊まる予定だった

 
しかし、シールロックスまでのマイオールレイク国立公園までの道が、トレイルで、走れないらしい
 
ダート走ってみたさがあって突撃したかったが、どうもやばいほど急な坂がある。
 
もし通れば75km
この時一時
 
もしも岩や階段だったら一環の終わり
夜中の山の中を超えなければならなくなる。
 
泣く泣く諦めてハイウェイを選択する。
 
 
 
 
 
登りこそあったもののそこまで急でなければ問題は無い。スイスイ進む

↑遅めの昼休憩
 
 
…ものの、ハイウェイを使ったとこで距離は増え、120km.
 
4Hで到底間に合うわけもなく…
 
長野県(のような森)をこえ

やってきたのは摩訶不思議なキャンプ場
 

このタイにありそうか仏像がやたら沢山ある。
 
 
やってきたのは家主のスティーブ
5ドルが見つからない様子を見て、宿泊料を負けてくれた!
 
ありがたや😭
 
 
 
"夕食パスタだよ!お腹すいた?"
と、スティーブ
 
 
 
キャンプ場なのにご飯をくれるのか!?
もちろんペコペコ。最高だ。
 
スティーブに紹介され、キャンプ場を見て回るとほんとうにキャンプ場なのか疑うものばかりだ。
まず馬

超巨大ブランコ

流れる小川に作成中のアーティスティックスペース

…に、愛らしい双子の白犬coas・ROXYとめちゃくちゃ顔を舐めてくる黒犬サシャ

 
僕が行くとみんなよってくる
…どうも僕は犬に好かれるらしい
 
 
夕食は焚き火を囲んで家族と、居候のアラン皆で頂く

 
火は体を温めるだけでなく、会話の"輪"
そして不思議と話したくなる雰囲気も作ってくれる
 
 
焚き火がこんなにも温まるものだとは。
改めて火の素晴らしさを実感した
 
 
 
 
 
でもリスニングって難しいね…
隣のにいちゃんがよく使っていたfucu onが耳についたので調べてしまった。
 
これだからボキャ貧は困る
(知らない人は調べてみよう)
 
 
 
そして夜。
トイレに起きると

よき夜を過ごした
 
 
走行距離110km
 
 
 
 
広告を非表示にする