夢ラン~笑顔×世界翔ける自転車~

これは20歳大学生が笑顔とともに世界一周する物語です

Day81 晴れ運

5/23
 
栗城史多さん。
僕も伝記を読んだことがあります。彼の挑戦する姿勢には感銘を受けました。
 
御冥福をお祈りします。
 
 
 
 
普通のキャンプ場に泊まると、気が緩むようで
 

 
マイケル・モニカと共に紅茶をいただく
 
 

こうやっていつもボールを僕の前において
 
遊んで!!
 

かわいいね
 

彼らはバスをキャンピングカーに改造して旅をしている。こっちの方が安いから
 
ルートは同じ。
 
この文字を見たら全力で手を振るよ
 
オージー伝統食の美味しい食べかたをたくさん聞いた。今日から試してくぞ!
 
別れを告げて出発は9:30
 
 

休憩中に出会ったhaven
 
ニュージーランドから親に会いに車で旅行中。
なお僕より年下
 
 
…髭伸ばすか
 
 
…伸びないんだよなぁ^^;
 
 
ハイウェイしか道がなく、ただ走るしかなかった。
ここから100kmまでノンストップ
4h程で来れた
 

↑えびのポーズしたけど小さすぎて見えないw
 
 
やっとハイウェイを逸れてちょうどwest ballinaの街についたところで雨

オーバースピードのハイペースで進んできた。雨に当たらなくて済んだ
 
 
 
まぁ、時々雨に降られることはあっても?
その時はよけられる場所にいるのさ
 
これが晴れ男の力よ(笑)
 
 
 
 
買い出しをして
 
お昼ご飯を食べて
 
とっても嬉しいこともあって😊
 
 
 

展望台からレベルの高いサーファーを眺めていたら
 
また雨
 
出会った女性とお話して、雨宿りして、でも止まないので暗くなってから再度出発
 
 
 
晴れ男じゃなかったのかって?
 
…まぁそんな日もある!😝
 
 
 
 
 
今日も裏庭に泊めてくれる家を探した
 
雨なのでテントはできれば立てたくない。
…わんちゃんを狙って7時まで粘り、いつもよりたくさんお願いしたものの全滅。
 
 
やっぱりお願いの仕方か…
難しいね
 
 
とても優しい男性と出会った。彼はmac

↑これは次の日の写真。何があったかはお楽しみに
 
 
彼の泊まる家が彼の家ではなかったため泊めて頂けなかったが、いい場所に教えて貰った。
 
 
 
大きな街のそばで寝るのは怖かったが、キャンプ場は$40超
 
諦めてトイレ裏へ。
街のそばで寝るのは怖い。日の出とともに起きねば。
 
さっさと就寝
 
 
走行距離110km
 
広告を非表示にする