夢ラン~笑顔×世界翔ける自転車~

これは20歳大学生が笑顔とともに世界一周する物語です

Day43 風に人に支えられ

4/15
 
朝は牛の餌やり。もう完璧にできるようになった。どの子が言うことを聞かないかも分かってきた笑笑
 
雨こそ時々降っているが、風向きは追い風!出発を決めた。
 
スティーブは
"もう一泊してってよ!たくみがいると餌やりが楽で助かる!"
と、言ってくれる。本当にもったいないお言葉をありがとう。
 
最後にオーストラリア名物ミートパイをご馳走になった。
ネコのRAYS・元気な子犬のkaty・大人しい子犬のgather・カールしか茶色髪が良く似合うKory・お手をしてくれるNara
ミルクをあげた牛達とうさぎを貪るオコジョ
みんなにお別れを告げて。
 
RAYSは片付けをしている時ずっと僕の周りをウロウロしていた。撫でてあげるとお腹を見せるようになった。

f:id:chocolatajump:20180414042007j:image

f:id:chocolatajump:20180414041931j:image

ワンちゃん達は外に出ればみんなやって来るようになった。

f:id:chocolatajump:20180415000336j:image

f:id:chocolatajump:20180415000407j:image

 
お礼に折り紙で作ったバラをプレゼントした。Gayleは折り紙を知っていて、とても喜んでくれて作ったかいがあったと思った。
 
皆さん。かわいいペット達。本当にお世話になりました。また会いに来たい。

f:id:chocolatajump:20180415000239j:image

お別れの言葉は
 
"See you again!"
 
気持ちさえあればまたこれる。本当にそう思っている。道中は泣きそうだった。
本当にまた会いたいなぁ。
次来る時は、生まれて三ヶ月だった仔牛達がどれだけ大きくなっているんだろう。
RAYS達は元気でいてくれるかなぁ
 
colac
先に仕事で出発したスティーブの職場に顔を出しに行った。
"何ヶ月後に来るんだ?"
と、言われて本当に来たいとしか思えなかった。
 
思い出に浸りながら今日もそらとともに進む
 
嵐の止みきっていない天気。
雨は弱まったが風は強い。
 
その嵐のような風。この日は追い風
 
爆速巡航だ。
正午に出発したのだが、休憩も必要ないので140kmを6時間で走破した。

f:id:chocolatajump:20180415063641j:image

f:id:chocolatajump:20180415054758j:image

2日目に宿泊したサービスエリアを超え、geelongの街もあっという間に通過。
予定のはるか先の街まで来ることが出来た
 
 
道中でサイクリングをしていたマイケルとすれ違った。少し話して、メルボルン行くと言ったら、
"来た時泊めてあげるよ!"と。
 
メルボルンはキャンプ場がなくて困っていたのだ。本当に助かる!!😆
 
ルンルンで東海岸のQueenscrifまで来た。キャンプ場がどれも高くて交差点でスマホとにらめっこしていると、車に乗ったお兄さんが声をかけてくれた
 
"うちに泊まっていいよ!"
 
こんな日ってあるの?3人に泊めてもらあることになるなんて…
オーストラリアはいい人ばかりだ!😆
彼の名前はスチュワート
 
買い出しから戻ってきた車に着いて家へ
大きな家だ!
 
彼も自転車が大好きで、3台の自転車を使い、大会に出たり山に行ったり…
パースからシドニーまで5000kmオーストラリアを横断したこともあるんだって!
 
 
Stuartの家にくるとたくさんの家族が歓迎してくれた
お父さんのMartin 
お母さんの

f:id:chocolatajump:20180415104041j:image

f:id:chocolatajump:20180415093844j:image

一緒にブロックで遊んだ。
 
お母さんがロシア人なのでロシア語を喋れる。僕も教えて貰った。
 
привет там!
 
 
 
 
お礼に日本語の自己紹介をoliveに教えてあげた。飲み込みが早くて、お風呂はいっているあいだ、ずっと日本語で自己紹介していた。
 
嬉しいね😊
 
夕食までもご馳走になってしまった

f:id:chocolatajump:20180416193040j:image

お母さん手作りピザ!!!
 
3種類あって泣くほど美味しかった
オーブンで薄く伸ばしたパリパリのピザ。
たまらん!!
 

f:id:chocolatajump:20180415084821j:image

↑主題がわからない写真w
 

f:id:chocolatajump:20180415094427j:image

もう最高!!😭
 
シャワーまでお借りして
もう野宿できない!!笑
 
夜中まで家族一緒に話していた。
明日のフェリーの時間を調べてくれたり、この国のわからな買ったことを全部教えてくれた。
 
フロントサイドバッグの穴。あれウォンバットという、野生動物が食べ物を狙って開けたらしい。
人がいないから外に出したのに、まさか動物にやられるなんてね😅
 
今後のよりたいお店やルートもおすすめをお聞きし、もう大満足
 
Thankyou Stuart. To give me very good night.
 
 
走行距離121.24km
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
広告を非表示にする